家庭画報 2011年 09月号 [雑誌]

世界文化社 (2011-08-01)


家庭画報9月号特集「甦る、パリの殿堂レストラン」。
フランス食文化ユネスコ無形文化遺産登録記念の特集だから新しいお店は出なかったのね。

取り上げられていたのは、
トゥールジャルダン(創業1582年)、
ラセール(同1937年)、
ルドワイヤン(同1792年)。


世界で初めてフォークを使ったのがトゥールジャルダンとかいう歴史小ネタがどさどさ。
文化の発展と食が殊に切り離せないお国柄、こういうネタには事欠かないですね。

新しい試みとして取り上げられていたのが、トゥールジャルダンでも野菜を主役にした料理を作り始めたこと。パリ郊外で日本野菜を育てている山下朝史さんの山下農園が取り上げられていました。

日本とフランスでは水も土壌も気候も全く違いますから、どんな味になるんでしょうね。そこでとれる日本野菜を直に食べ比べてみたいなと思いました。