elcellerdecanroca

フランス外務省が18日、世界のレストランランキング「La Liste」を初めて発表した。

対象は世界中の「数千件のレストラン」。世界の200のレストランガイドブックとオンラインレビューサイトを参照し、順位付けして点数で並べたものとのことで(日本のランキングはぐるなび、食べログ、ミシュラン京都・大阪・奈良、ミシュラン東京などを使用している)、ガイドの信用度によって傾斜配点をしたとプレスリリースにある。
(ガイドブックの名前などが掲載されたPDFは→こちら) 

点数表示でレストラン1,000軒を並べていて、見たところ壮観ではある(全軒リスト)。

トップはスイスの「オテル・ド・ヴィル(Hôtel de Ville)」、2位はNYの「パーセ」、3位に東京の「京味」。
トップ3軒にフランスが入っておらず、プレスリリースを見ても、「1,000軒のうち最も多い国は日本」と強調されているが、上位のラインナップを見て最も強く感じるのはフランスのランクインの多さだ。

La Liste2015ベスト100(プレスリリースより)
フランス 26軒
日本   23
イタリア 11
スペイン  9
中国    6
スイス・オーストラリア・ドイツ 各4
アメリカ 3
オーストリア・オランダ 各2
イギリス・ポルトガル・スウェーデン・モナコ・ノルウェー・ベルギー 各1

ここからベスト50だけ抜いて集計するともっとあからさまになる。

La Liste2015ベスト50
フランス 17軒
日本  10
スペイン  7
アメリカ、イタリア、ドイツ 各3
スイス・オランダ・中国 各2
モナコ  1

1000軒全体だと
日本 126
フランス118
アメリカ101
中国 69
スペイン 59
ドイツ 52
イタリア 51
イギリス 46------上位8カ国でほぼ6割(622軒)

気になるのは「どういう店を、どういう順序で入れるか」が表れる主催者の「意思」だ。
ちなみに大スポンサー(これもリリースに明記されている)はネスレとモエヘネシー。サンペレのランキングと同様かそれ以上に企業と政府の意向は加わっていそうだ。

世界のレストランの評価において、昨今、ミシュランよりサンペレグリノのベストレストラン50の方が話題になっていることもあり、その意趣返しの意味もあるだろう。

ベストレストラン50との比較


↓今年4月に発表されたベストレストラン50のおさらい
2015年発表のベストレストラン50(サンペレグリノ)
スペイン 7軒
アメリカ 6
フランス 5
イタリア 3
ペルー  3
メキシコ 3
デンマーク 2
イギリス 2
日本  2
ブラジル 2
タイ  2
スウェーデン 2
ドイツ  2
オーストリア、ロシア、中国、南ア、オーストラリア、香港、シンガポール、スイス、チリ 各1

上位50軒のうち41軒が3つ星


200冊のガイドから点数をかけあわせて並べたというが、これだけの店を一度にリストアップして点数付けしたとなると、首を傾げたくなる点もある。

例えば、217位のnomaがサンタモニカの同名の寿司バーにリンクが貼られていたとか(現時点では修正済)、地図表示では「東京」と「中央区」と「港」(区がない)と「恵比寿ガーデンプレイス」が同列上にあるなど、表示がそうなら集計も……と思わせる部分がある。
中国69軒というが、地図と店の数がどうしても合わなかった(合ったというかた教えてください)。その69軒に香港が含まれているかどうかも判然としない。台湾は調査にあがっていない。

アンケート方式ではなく、すでに発表されているランキングをまとめた形ということで、新しい店の発掘というよりは、これまで評価されてきた店を並べる要素が強くなっている。

ざっと見た感じでは、点数評価のなかでもミシュランの星が相当優遇されている感じに見える。
それもそのはず、上位50軒のうち41軒がミシュラン3つ星だ。

北欧勢の冷遇ぶり


フランス、イタリア、スペインあたりの順位はわりと順当と思われるものの(これはミシュラン優遇で3つ星2つ星が上に来ているので当然か)、北欧が驚くほど冷遇されている。北欧の最上位がFranzen(ストックホルム)の97位というのは今日のレストランの評価のされ方として、もはやいびつに感じる。

今年のベストレストラン50に入った北欧勢でいえば、nomaは217位、Favikenは選外(!)、Relaeは799位だ。
いや逆に、La Listeサイドからベスト50を見れば、ラリスト50位までにに入っているオテルドヴィルも、京味も、ギサヴォアもベストレストランに入っておらず偏っている!という見方になるのかもしれない。

ミシュランのない地域からの選出


SNSなどでの感想を読む限り、好意的な感想が少ないが、ミシュランがない国や地域からも選出されているのは良かった点かもしれない。
ベスト50は100軒(アジアやラテンアメリカなど地域版をすべて含めても300軒)しか選ばれないので、ふだんあまりこういうリストに上がってこない店に光が当たるという点ではよかったと思う。
例えば、日本国内では「あらきそば(山形・317位)」、「(山梨・451位)」、「ブレストンコート・ユカワタン(長野・497位)」などなど。

La Liste Restaurants Worldwide 2015 best50(全リストはこちら

1.Restaurant de l'Hôtel de Ville(Crissier)
2.Per Se(New York)
3.Kyo Aji(Tokyo)
4.Guy Savoy(Paris)
5.Schauenstein(Fürstenau)
6.El Celler de Can Roca(Girona)
7.Kyubey(Tokyo)
8.Maison Troisgros(Roanne)
9.Auberge du Vieux Puits(Fontjoncouse)
10.Joël Robuchon(Yebisu Garden Place)
11.Régis et Jacques Marcon(St-Bonnet-le-Froid)
12.Flocons de Sel(Leutaz)
13.Les Prés d'Eugénie - Michel Guérard(Eugénie-les-Bains)
14.Nihonryori Ryugin(Tokyo)
15.Martín Berasategui(Lasarte-Oria)
16.Pierre Gagnaire(Paris)
17.Le Louis XV - Alain Ducasse(Monte-Carlo)
18.Osteria Francescana(Modena)
19.Le Bernardin(New York)
20.Le Pré Catelan(Paris)
21.De Librije(Zwolle)
22.Le Calandre(Rubano)
23.De Leest(Vaassen)
24.Kyo-ryori Nakamura(Kyoto)
25.Matsukawa(Tokyo)
26.Azurmendi(Larrabetzu)
27.Sant Pau(Sant Pol del Mar)
28.Quintessence(Tokyo)
29.Lameloise(Chagny)
30.Schwarzwaldstube(Baiersbronn)
31.Maison Pic(Valence)
32.L'Epicure(Paris)
33.L'Assiette Champenoise(Reims)
34.Vendôme(Bergisch Gladbach)
35.Le 1947(Courchevel)
36.La Pergola(Roma)
37.Oryouri Hayashi(Kyoto)
38.Pavillon Ledoyen - Yannick Alleno(Paris)
39.Kikunoi Honten(Kyoto)
40.Hof van Cleve(Kruishoutem)
41.Gordon Ramsay(London)
42.The Capital - Beijing Hong Kong Jockey Club(Beijing)
43.Akelarre(Donostia - San Sebastiàn)
44.Astrance(Paris)
45.Huai Yang Fu at Andingmen(Beijing)
46.Georges Blanc(Vonnas)
47.Arzak(Donostia - San Sebastiàn)
48.Bras(Laguiole)
49.Atrio(Cáceres)
50.Maruyama (Gion)(Kyoto)