saltimporten_canteen_meal

いまから5年前、初めて現代北欧料理で心震えるような体験をした、Trioという店がスウェーデンの玄関口マルメにあった。
「あった」というのは、私たちがTrioを訪問した翌年(2011年)に突然閉店してしまったからである。
P1030035

P1030040

そのときの店の雰囲気から、それはどう見ても営業不振による閉店とは思われず、その後Trioの二人のシェフー――Ola RudinとSebastian Perssonのインタビューを読んだとき、どうもやりたいことをやり切ったから辞めたという思いが読み取れた。

その後、私も北欧を中心に同じ事例を多く知ることになる「始めたいと思ったらすぐ始め、やめたいと思ったらすぐやめる」というこだわりのない北欧の人たちの気質の、それは初めて見た事例だった。

ちょっと話が横にそれるが、この「やめたいと思ったらすぐやめる」という気質の根っこにあるのは、北欧特有の手厚い福祉行政・失業保険ではないかという仮説を聞いた。仕事をやめて明日から無一文になる、失敗したら多額の負債で人生が行き詰まるということがなく、彼らにはベーシックインカムがあるから…という。これ、説得力ある仮説ではあるが、実際のところはどうなのだろう。
現在、スウェーデンは政権交代し、社会保障は不景気とともに切り詰められていると聞く。

その2人のシェフ、セバスチャンとオーレはその後、次のレストランを出すまで、Trioのあった場所からほど近い、港湾の食堂"canteen"でランチを作っていると石井AQさんの記事を読んでいて、Trioファンとしては行きたいと思っていた。  

コペンハーゲン中央駅から電車で30分。
1999年にデンマークとスウェーデンの間を海底橋「オーレスン・リンク」が結んだ。デンマークから国境を越えてスウェーデンへ行くのはこの橋で劇的に便利になったらしい。これで通勤している人もいるとか。

アクセスも比較的良く、1時間に数本出ている。
運賃は片道¥1,400くらいで客観的には高いと思わないが、今回は往復¥3,000近くかけて、¥1,000のランチを食べに行くわけで、はっきりいって酔狂の類である。

マルメ中央駅からほど近く、港湾の倉庫街を目指しててくてく歩く。
malmo_port

人っ子ひとり見当たらない。8月でも強い海風が吹き付けてきて薄ら寒い。お店は営業している曜日だと確認してきたが、ホントにやってるのか心配になる。
saltimporten_canteen_entrance

やってた!!

セバスチャン発見。ほぼひとりで料理を作っているみたいだ。

驚いたのがお客さんの数。20人は座れそうな長いテーブルとベンチが5つ、ほぼ満席だ。
saltimporten_canteen_meal2

客層はどう見ても、港湾施設勤務者ではなく家族連れが多い。ご近所に愛されているのだなあ。
隣の家族連れを見ると、食べるのに飽きた小さなお嬢さんが、親が食事を終わるまで持参の塗り絵で遊んでいる。

メニューは1種類。パンとコーヒーはセルフ。
作り置きできるものなのですぐ出てくる。

今日はカレーに似た、アジア系の香りの具沢山スープだ。
豚の角煮とシャキシャキしたモヤシがメイン。パクチーも大量に。
日本人としてはちょっと甘酸っぱくてごはんがほしい感じだが、パンも合う。
ひと皿メニューとしては味付けもしっかり、野菜も肉も食べて温まる満足感がある。
saltimporten_canteen_sebastian

忙しそうなセバスチャンに、Trio時代の写真を見せると、さすがに「おお!」と表情が変わった。
今の食堂は一時的で、いずれまたガストロノミックなレストランを…という話も当時聞いていたが、今のところ、このレストランを続けていくつもりのようだ。
「新しい(レストランを出す)プランは無いよ!」ときっぱり言い切られてちょっとしょんぼり。
彼らはガストロノミックなハイエンドのレストランではなく、このようなカジュアルな食卓でより多くのお客さんと接する道を選んだということなのだろう。今のところは。

お店を出てから時間があったので、Trioの場所は今どうなっているのか、見ていくことにした。
(我ながらほんっとに物好きである)
vollmers_entrance

また、モダンノルディック系のレストランになっていた。
Vollmers
Tegelgårdsgatan 5
211 33 Malmö
Tel: +46-(0)40-579750
info@vollmers.nu
Mon–Thu 18:00~
Fri&Sat 17.30~

 
知らなかったがミシュラン1つ星。
2015年新設の北欧ミシュランで、マルメから3軒だけ認定されたうちの1軒であった(2つ星は無し)。現地グルメサイト「ホワイトガイド」でも高評価だ。
公式サイトを見ていると、メニュー名がUMAMIとか、BYCATCHとか、CHILDHOOD MEMORIESとか、なかなか想像をかきたてる名前じゃありませんか。
vollmers_entrance2

Canteenではそうそう来れないかと思ったマルメだが、また来る理由が出来た。
この、レストランの興亡の激しい北欧では、これらのお店もすぐに閉店したり、あるいは形態変更したりする可能性はあると思う。
この日食べたこの一食も、ひょっとして「伝説の証人」になってしまう、かもしれない。

SALTIMPORTEN CANTEEN
Hullkajen, Grimsbygatan 24, Malmö
Sweden
+46-(0)706-518426
ランチのみ。予約不要。夜はケータリングのみ。
月~金 12:00~14:00